はじめて抗うつ薬をのんで思ったこと

 

 

 一日一回、夕食後にのむ薬

 

 初めてのんだ抗うつ薬

 セルトラリンOD錠25mg「アメル」 (一般名・セルトラリン口腔内崩壊錠)

 

 処方箋に記載されている「薬のはたらき」

 気持ちを楽にして意欲を高める薬。

 気分を安定させる薬。

 不安や緊張を和らげる薬。

 

 処方箋に記載されている「注意事項・相互作用・副作用」

 主治医の指示なしに服用を中止しないこと。

 服用時にはアルコール類を飲むことは避けること。

 ねむけ、めまいをおこすことがあるので車の運転や機械の操作に注意すること。

 他の医療機関を受診する場合はこの薬の名前を医師・薬剤師に伝えること。

 服用中はセイヨウオトギリソウを含む食品を摂取しないこと。

 水・白湯・唾液のいずれかで飲むこと。

 湿気を避けて保管。

 

 

 一緒にのむ胃の薬

 ナウゼリン錠10 10mg (一般名・ドンペリドン錠)

 

  処方箋に記載されている「薬のはたらき」

 消化管の運動を整え、吐き気を抑えたり食欲不振や腹部の膨張感をなくす薬。

 

 処方箋に記載されている「注意事項・相互作用・副作用」

 ねむけ、めまい、ふらつきをおこすことがあるので

 車の運転や機械の操作に注意すること。

 室温で保管。

 

 

 

 

 一番に思ったのは、ほんとに考えなくする薬なんだなってこと。

 頭がまわらなくなる。眠くなる。

 

 

 

 副作用かわからないけど

 おなかがぐるぐるした感じの違和感がありました。

 特に気になりませんでした。

 

 

 酩酊状態みたいなあたまの中は、

 やっとメンタルのお薬をのめたぞっていう達成感と

 これで楽になるのかっていう期待感で満ちていたけど

 

 何があっても我慢で生きてきた今までの自分に

 もう二度と会えないんだなって感じました。

 

 あの頃のわたしはなんだったのと。