読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メンタルクリニック初診・診察(仕事の話)

 

 

 診察室

 

 白っぽくて広い部屋でした。

 

 机の上に本や筆記用具があって、

 先生は手書きでメモ(カルテ?)を書いていました。

 

 

 

 診察

 

 問診票を見ながらお話が始まりました。

 

 

 質問されたことに答えるかたちだったので気が楽でした。

 

 ひとりでつらつら話すことは苦手なのでよかった。

 

 

 

 

 

 ・仕事のストレス

 

 

 先生「些細なことでイライラしてしまうっていうのは」

 

 上手くいかないことや思い通りにならないことがあると、

 カッとなってそのことで頭がいっぱいになってしまう。

 態度にも出る。勤務中でもトイレで自傷行為をしてしまうこと。

 

 

 

 先生「自傷行為はいつから?」

   「左手?なにで切ってるの?カッター?」

 

 高校2年生から。

 左腕。手首はしていません。使うのはカミソリです。

 

 

 

 先生「お仕事は?」

 

 (勤務先、業種を細かく伝えました。)

 

 

 仕事は高卒で就職して4年目。

 

 

 ・新入社員の研修が苦手

 ・去年から職場に苦手な人がいる。今もいる

 ・時間外労働・休日出勤

 

 

 

 仕事が大変なのは誰もかれも同じで、それはわかっていて。

 

 働き始めたばかりの頃は

 ”上手く出来ないのは仕事に慣れていないから” だと思っていたのに

 次から次にトラブルばかり起こる(ように感じる)

 

 

 先生「被害者意識が強いんだね」

 

 先生「その人はあなたとは違うタイプなんだね」

 

 先生「“社員は残ってしかるべき”って、あなた自身もそう思ってるんじゃない?」

 

 

 

 4年たっても仕事を覚えても気持ちが全く楽にならない。

 

 いつも焦っていて、仕事中もイライラしてしまう。

 やるべきこともできなくなってきた。

 

 

 

 もう仕事をやめようと思って

 昨年4月の段階で人事には伝えてあるけれど

 

 やりたいことがないのにやめてどうする。

 やめて他のところで働けるのか。

 

 と、まっとうなことを言われて保留扱い。

 

 

 

 

 自分でも、仮に運よく次の仕事につけたとしても

 そこも数年勤めたら同じことの繰り返しになると思っていてなにもできない。

 考えるのをやめた状態。

 

 中高の人間関係や自分の気持ちも

 環境が変わるたびに生まれたものが3年間で破綻しているから、

 この先もずっと3年ごとに同じように繰り返していくのかと思うと

 もう何もやりたくない。

 

 

 

 っというところをお話しできました。

 

 

 こうして文字にしてみると

 自分がいかに人生なめてるかわかってしまって

 それでもとらわれて動けなくなってしまって、情けない。